株ニュース

後場「大幅続落」

2020/02/25

大引けの日経平均株価は大幅続落。
終値は前週末比781円33銭(3.34%)安の2万2,605円41銭と、2019年10月21日以来、約4カ月ぶりの安値を付けた。
下げ幅は令和に入って最大。
日経平均は寄り付き直後に1,051円安の2万2,335円まで下げた場面があった。
朝安後はやや下落幅を縮小。
新型肺炎への警戒感は根強く、買いの勢いは限定的だった。
日経平均の下げ幅は18年12月25日以来(1,010円)の大きさ。

東証1部の売買代金は3兆3,101億円と、特別清算指数(SQ)算出に絡む売買が膨らんだ19年12月13日以来の高水準だった。
東証1部の値下がり銘柄数は2,129銘柄と過去最大。
値上がりは26銘柄。
フィルム、ユニゾが上昇。
ファストリ、鉄が下落。